車いすを選ぶ際のチェックポイント

車いすには様々なメーカーや種類、機能などがあるので、初めて購入される方は何を基準に選べばよいのか迷うのではないでしょうか。車いすを選ぶ際のチェックポイントがありますので、こちらを参考に自分に合った車いすを選んでみてください。

車いすサイズチェック方法

自分に合った車いすとは自身の体の寸法と合っているかが重要なポイントです。大きすぎたり、小さすぎたりしていると疲れる原因になるので、サイズチェックはしっかりと行うようにしましょう。

・ 背もたれの高さ

車いすに座った時の座面から脇の高さまでを計測します。この時に車いすのシート端が肩甲骨にぶつからないようにするのがポイントです。(脇の高さから約7~10cm)が理想的な背もたれの高さとなっています。

・ シート幅

背もたれに背がつくように、深く腰掛けて計測するようにしてください。座った時に左右約2cm隙間が空いているサイズがいいでしょう。両サイドに介護者の手が入るくらいがベストな幅となります。

・ 手押しハンドルの高さ

車いすは利用者本人だけでなく、介護者にも使いやすい方がサポートしやすくなります。高さは介護者のへその位置を基準とし、肘が軽く曲がり、力が均一に入るくらいが最適です。

・ 肘掛高さ

肘掛の高さは上がりすぎず、下がりすぎない高さのものが理想的です。しかし、クッションを利用する時にはその厚みを考慮した上で選ぶ必要があります。肘掛けが高すぎると肩が押し上げられるので、自然と肘掛けを使わなくなり、腕を遊ばせることになってしまいます。逆に低すぎると肩が下がり、前傾姿勢を取ることになるので疲れやすくなってしまいます。

・ シート奥行き

座シートの奥行きが短いとずっこけ座りの原因になり、反対に長い場合にはお尻にかかる圧力が大きくなってしまい、血行障害や皮膚の損傷の原因を作ってしまいます。理想的な奥行きは(お尻の後ろ~膝裏-約5~7cm)の長さになります。

当社では低価格の国内メーカーの優良中古車いすを販売しております。通販を利用すれば、お気軽にご購入頂けます。当社の車いすは安価なのでレンタルするよりも、コストを抑えてご購入することができます。

車いすを購入する前に  |  車いすはレンタルより購入がお得な場合も!  |  車いすを取り巻く様々な現状!  |  車いすを移乗するための方法  |  購入された車いすの場合は自己メンテナンスが必要  |  車いすの使い方  |  車いすを選ぶ際のチェックポイント  |  車いすの歴史  |  外出する前のチェックポイント  |  車椅子マークについて