主な取扱い商品

介護用品といいましても多種多様な種類がございます。ご使用になる方の状況や介助される方がメインに取り扱う等、目的に応じて選定をすることが必要になります。以下の種類は一般的なタイプの一例で、現在、当店が販売している商品の中から選定したものです。これ以外に様々な種類の介護用品を販売しておりますので、詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

自走式とはご自身で操作できるように設計された車椅子です。後輪の外形が大きく(主に14インチから22インチ)なっており、さらに外側に手で本体を動かす為のハンドリムが付いています。

介助式車椅子は、介助者が扱う専用の車椅子ですので、タイヤが小さくご自身で操作をするハンドリムがついておりません。介助者が扱いやすいように、介助ブレーキ等、用途も豊富にあります。

その名称通り、車輪が6つ装着されているタイプです。介助者にとって取り回しがしやすく、後方に転倒しにくい6輪車です。※写真の車いすは、介助用タイプになります。自走用もあります。

背もたれを倒せるリクライニング、足を伸ばせるティルティング、背と足を両方設定できるティルト&リクライニング車椅子があります。利用者にとって好きな体勢と安定した座位が保てます。

車輪も小さく介助専用の簡易車椅子とされているのがコンパクトタイプです。軽量でコンパクトに折りたため、旅行などの際にも持ち運びに大変便利です。介助ブレーキ・駐車ブレーキも装備。

車いすをこぐ力が弱い高齢者等には、電動アシストがある電動車椅子はとてもありがたい機能です。自走の為の電動と介助の方用にも電動があります。ご利用にあたっては良く相談ください。

モーターにより、ベッドの高さ、背上げ、膝上げの機能など、快適にお休みいただけることはもちろん、起きあがり・立ちあがりなどの動作を助け、ご本人と介護する方、両者の負担を軽減します。

足への負担を減らし、体のバランスを保つことが出来るので、安定して歩けます。ブレーキがついているものや、身体状況に合わせて歩行速度の調整が行えまるものがあります。